So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2013/04/06 [Twitter]


PIRELLI P ZERO ROSSO [くるま雑記]

RX-7やインテグラType-Rに乗ってガンガン走ってた頃

タイヤにもこだわってましたが、お気に入りはブリヂストンのポテンザシリーズや

ダンロップRSVなどで、ヨコハマやトーヨータイヤは好きくありませんでした

好みは人それぞれなのですが、僕の場合はグリップ限界領域における

タイヤのコントロール性を重視し、絶対的なグリップ力はそれほど重要ではなかった

と言うのも、ドライバースキルを伸ばすことが絶対命題としてあって、その場合には

タイヤのトラクション挙動が手に取るように伝わると同時に

ブレーキ&コーナリング時にステア操作によって荷重移動を起こしたり

微妙なステアコントロールに対する応答性能が重要だと考えていたからだ

当時は慢性的に金欠だったので、コストパフォーマンスも重要だった

ブリヂストンは割高なんだけど、タイヤ寿命そのものが他社の1.5倍増しな感じ

だったので、トータル的に考えてBSタイヤを皆に勧めていた

 

そんで、今日のお題であるピレリPゼロロッソは如何なるタイヤか?

Giuliettaと一緒に走った2000㎞で感じたのは

絶対的グリップ能力よりも限界領域でのコントロール性にウェイトを置いている印象

もちろんグリップ能力が低いなんてことはないんだが

電子デバイスによる左右輪の回転制御にリニアに反応して

リア側タイヤのグリップが適度に流され、タイトコーナーでもスパスパクルクル回頭する

そして、コーナリング後のアクセル全開に対するレスポンスも申し分ない

ヨコハマADVANなどは摩擦抵抗が高く路面にベッタリ張り付いてパワーロス感が伴うけど

Pゼロロッソは摩擦抵抗は適度にとどめ、限界を超えて滑ることを想定したうえで

コントロール性能に磨きをかけてるので、路面に張り付くようなパワーロス感が無い

直線を走っていても限界域のコントロール性に特化しているタイヤであると感じられる

だが、タイヤ幅と電子デバイスの相乗効果でフロントがトラクション喪失する状況は皆無

乾燥路面の限界スピードに10㎞ほど上乗せした早さで濡れ路面コーナーに突入したところ

トラクションがヌルヌルと滑り始めた直後、全輪が直ドリ状態ですっ飛び始めたので

エンジン回転数をパーシャルに保ってやるとすんなりグリップ力を回復できたことから

コントロール性に関心しきりなのである

重要なのはグリップを失う際、ドライバーに挙動がリニアに伝わってくるコトと

アクセル開度等の操作を誤らなければドライバーのコントロール下におかれることにある。

BSポテンザなどはグリップ能力は高いが限界値を超えた瞬間コントロールロストしてしまう

状況が多かった(サーキットなどの摩擦抵抗が高い路面だとコントロール出来るが一般道では...)

 

PIRELLI P ZERO ROSSOはグリップ限界値よりコントロール性に優れているので

MAZDAやHONDAのスポーツグレード車と好相性と思われる反面

AWD車や、パワーを全面に押し出したFR車とは相性良くない気がします  

 写真.JPG

 

PIRELLI P ZERO ROSSO(ピレリPゼロ ロッソ)Size 225/40-18

タイヤサイズもあってフロントタイヤが限界を超えることが皆無なので

走行3週間、2000㎞後もフロントタイヤの角ヒゲが沢山残ってます

(リアタイヤは走行100㎞ほどで全部無くなった) 

直線ばかり飛ばしてる連中の車のタイヤを覗き見るとタイヤセンターばかりが減って

タイヤの角が剥けてないのですねぇ〜(´・ω・`)ハズカシッ

なので僕としてはタイヤ角にヒゲが残ってるってのはスゲェ恥ずかしい状況なんです。

 



共通テーマ:日記・雑感

ESS [くるま雑記]

 

近年、自動車に装着されはじめたESS(エマージェンシーストップシグナル-緊急制動表示)

急ブレーキの際に、ハザードランプが素早く点滅して

後続車輌に危険を予告するシステムなんだけども

レーシーな走りをしてると、もぉね、ウザ過ぎるのよ

周囲の車に対して挑発してるようにも写るし、かっこ悪いだろコレ

 

つヵ、前方車輌が急ブレーキ制動を行う原因となる歩行者の飛び出しとか

後続車両からは予期できない状況が起こってる時の補助的安全装置なわけだけど

そもそも、適正な車間距離を保って前方車輌のその先の状況を予測しながら

走るのが普通に求められるドライバースキルであって 

それが出来てねぇ、集中力等に問題があるレベルのスキルに合わせてもねぇ

きっとそういうドライバーには前方で何が起こってるかなんて考える余裕も無く

自車の操作に必死だろうし、、、、、、

そもそも、三次元的に適正な速度感・距離感を認識して、手足の操作を通じて

車を操作制御することによって安全な車間距離を取ることとが重要であって

前方車の緊急ブレーキ制動の有無は、事故回避の本質的な視点ではない

 

このESSってシステムや、自動ブレーキ制動なんてぇのぁ

漫然と運転するなど集中力に問題があるドライバー向けと言わざるを得ない

それってつまり、自動車運転免許取得制度そのものが問題ってことであって

自動車のシステムで補うべきものではないと思う

レイトブレーキを多用する僕は、ESSの発動を恐れてブレーキ操作が甘くなってしまうし

むしろデメリットが心配なシステムだぜぇ 

 



共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2013/04/13 [Twitter]


恥ずかしかった [日常雑記]


2013.4.29 モスクワで行われた日露首脳共同記者会見で、
 
TBS記者が的外れかつ場違いな質問してました。
 
 
第二次大戦末期に旧ソ連が行った北方4島への侵攻に対して
 
旧ソ連及びロシアの行いは、非人道的で
 
国際法的にも無効であるから、交渉の余地などなく
 
無条件で返すのが筋で、インフラ整備や経済協力とか何言ってるの?
 
という意味のことを質問したのですが 
 
 
 
、行っているのは現状を踏まえたうえで未来に向けて
 
両国がどのように取り組むか、経済やエネルギー政策を含めて
 
日本としては搦め手でジワジワと寄せていくつもりでしょうが
 
交渉の余地なく返せとか騒ぐのは盆暗の極みです
 
それが通るんだったらとっくの昔に問題解決してるっての! 
 
彼ら盆暗は、北朝鮮による日本人拉致に対しても同様のスタンスです。
 

 
日本のメディア次元がいかに幼稚か世界に知らしめてどぉする気なのかね?
 
つヵ、日本人全体がその程度の次元であると誤った印象を発信したかと思うと
 
恥ずかしくて仕方なかったわ 
 
 (´Д`υ)ハジサラシナ
 
 


共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。